Top >  パスポートの申請方法 >  有効なパスポートを持つ方の申請 1

有効なパスポートを持つ方の申請 1

有効期間のパスポートを持っていて、

残存有効期間が1年未満になった方、


残存有効期間が1年以上ある方でも、

赴任や留学などで長期滞在する場合には、

赴任命令書や入学許可証などが必要となります。


そうすると、新たに旅券を取得できます。


この場合、持っているパスポートを返納したうえで、

新たにパスポート発給申請をする、

切替申請をする事になります。


切替申請する場合には、

戸籍謄本または、戸籍抄本の提出は不要です。


氏名や本籍の都道府県名に変更があった場合、

 パスポートを細かく裁断した場合やパスポートの身分事項や写真などが

 判別でいないほど破損した場合は戸籍謄本(抄本)が必要となります。


申請書の漢字氏名は戸籍通りの字体で記入、

 本籍、番地まで記入する必要があります。

 本籍が分からない方はあらかじめ調べておいてください。


切替申請で返納された旅券の残存有効期間は切り捨てになります。


【 必要書類 】


・一般旅券発給申請書1通

・パスポート用の写真、

・有効なパスポート

・必要な場合は戸籍謄本(抄本)

・住民票


申請、受領、必要費用については、

初めて申請される方と同じ内容になります。

         

パスポートの申請方法

パスポート取得に必要な書類も手元にある!

最寄りの申請場所も分かった!

さぁ早速申請しに行きましょう!

手惑わないように、
申請方法の順序を簡単にまとめてみました☆

このカテゴリ内の記事


初めてパスポートの申請をする方
有効なパスポートを持つ方の申請 1
有効なパスポートを持つ方の申請 2
期限切れパスポートを持つ方の申請
居所申請について


パスポートの基礎知識

パスポート取得に必要な書類

パスポートの申請方法

パスポート取得に必要な費用

パスポートの期限が切れたら?

パスポートの訂正申請について

全国のパスポート取得場所






Yahoo!ブックマークに登録