Top >  パスポート取得に必要な費用 >  パスポート申請に必要な手数料

パスポート申請に必要な手数料

旅券の種類については【パスポートの種類】を

参考にして、ご自分に合ったパスポートを選んで下さい。


12歳未満の方はパスポート発給手数料が減額されます


年齢は、『年齢計算に関する法律』によってきまります


年齢は誕生日の前日に1歳加算され、

12回目の誕生日の前日に12歳となります。


この為、パスポートの発給手数料の減額は、

12回目の誕生日の前々日までに

申請を行った方に対して適用されます。


【 注意 】


収入印紙と収入証紙の違いを知っていますか?


私は知りませんでした!

間違えない様に気を付けてください☆


◇収入印紙


国が法律に基づいて発行するもので、

印紙税や、登録免許税などを支払う時に使われ、

国の収入となります。


◇収入証紙


都道府県に対して支払う手数料や、

使用料を現金に代えて納める為のものです。

各都道府県で、収入証紙の種類が異なります。


●10年間有効(20歳以上)


2,000円(収入証紙)+14,000円(収入印紙)

合計16,000円


●5年間有効(12歳以上)


2,000円(収入証紙)+9,000円(収入印紙)

合計11,000円


●5年間有効(12歳未満)


2,000円(収入証紙)+4,000円(収入印紙)

合計6,000円

         

パスポート取得に必要な費用

パスポート申請には、手数料が必要です。

この手数料の金額は、パスポートの種類、
年齢によっても異なります。

また、この手数料は現金で支払う事は出来ません。

必要額の収入印紙、証紙を受領証に貼付して、
申請時に支払う必要があります。

金額など、参考にしてくださいね☆

このカテゴリ内の記事


パスポート申請に必要な手数料


パスポートの基礎知識

パスポート取得に必要な書類

パスポートの申請方法

パスポート取得に必要な費用

パスポートの期限が切れたら?

パスポートの訂正申請について

全国のパスポート取得場所






Yahoo!ブックマークに登録