Top >  パスポートの訂正申請について >  パスポートの訂正申請方法

パスポートの訂正申請方法

パスポートの訂正申請の必要な対象となるのは、


◆婚姻や養子縁組などにより、戸籍上の姓を変更した場合


◆家庭裁判所の許可を得て、戸籍上の姓または名前を変更した場合


◆国際結婚により配偶者の姓を別名として追記する場合


◆本籍の都道府県名を変更した場合


同じ都道府県内で本籍を変更した場合、

住所を変更した場合は

訂正申請の対象にはなりません。


【 変更の際の必要書類 】


・変更申請書(申請窓口でもらえます)


・パスポート


・現在住所確認が出来るもの(運転免許証・健康保険・住民票など)


・戸籍謄本・印鑑(申請書などで訂正印が必要な場合があるので念の為)


戸籍謄本は、6ヵ月以内に発行されたものが必要です。


同一戸籍内の家族の方が同時に申請する場合は、

一通提示で申請出来ます。


戸籍の届出をしてから新しい戸籍が出来るまでには

日数がかかります。


婚姻届を出してすぐに海外旅行に行く場合は、

届出をした役所で『婚姻届受理証明書』(350円ー)を

戸籍謄本の代わりに提出します。


この場合、後で戸籍謄本を提出する誓約書を提出した上で、

後日、新しい戸籍謄本を提出して頂く事になります。


国際結婚の為、姓を別名として追記する場合には、

綴りの確認の為、配偶者のパスポート又は、

外国政府発行の婚姻証明書などが必要になります。

         

パスポートの訂正申請について

5年、10年はアッと言う間!
ですが、5年、10年でアッと驚くほど
皆さん色んな出来事があると思います。

例えば、
・氏名が変更になった

・本籍地が変更になった

そんな場合はパスポートの訂正申請が必要になります!

※住所のみが変更になった場合は
手続きの必要がないので、
パスポート所持人記入欄へご自分で訂正記入して下さいね☆

このカテゴリ内の記事


パスポートの訂正申請方法
訂正申請をする場合の注意点 1
訂正申請をする場合の注意点 2


パスポートの基礎知識

パスポート取得に必要な書類

パスポートの申請方法

パスポート取得に必要な費用

パスポートの期限が切れたら?

パスポートの訂正申請について

全国のパスポート取得場所






Yahoo!ブックマークに登録